手術を受けるにあたって

タイでの性別適合手術に必要な書類
英文の診断書
パスポート(有効期限が6ヶ月以上のもの)
タイでの性別適合手術に必要な条件
上段:年齢
下段:ホルモン治療歴
ヤンヒー病院 ガモン
コスメティック
ホスピタル
FTM
乳腺摘出手術
18歳以上
6ヶ月以上
18歳以上
不要
FTM
子宮卵巣摘出手術
20歳以上
1年以上
20歳以上
不要
MTF
性別適合手術
20歳以上
1年以上
20歳以上
不要
※未成年者は親権者の同意書が必須です。
注意点
ホルモン注射は、手術の2〜3週間前にストップしてください。(ネビドも同様)
生理中でも手術は可能です。(FTM)
お酒・タバコ類・サプリメントは手術1ヶ月前からお控えください。
高血圧・持病・アレルギー・服用薬のある方は必ず事前申告をお願いします。
医師の判断で手術ができない可能性があります。
40歳以上の方は、出国前に健康診断(採血・血圧)をお受けください。
術前診察で追加精密検査などが必要になった場合、ベーシックプランの方は全額お客様負担となります。
 (安心プラン・VIPプランの方は弊社保証が適用され追加料金はかかりません)
40歳以上の方
出国前にお近くの内科で健康診断をお受けください。
・血液検査(通常の健康診断内容で構いません)
・血圧測定
※検査結果を事前にメール添付していただく場合がございます。
持病・アレルギーがある方
病名・服用の薬名の事前申告をお願いします
かかりつけの医師の英文診断書(持病用)が必要になる場合がございます。
※薬の服用停止・タイでの手術を許可する内容が書かれた英文の診断書

詳しくは、担当スタッフにお申し付けください。
民間の医療保険にご加入の方
加入保険会社所定の「海外用診断書」をタイ現地にご持参ください。
タイ滞在中にタイの医師が署名しますので、入国後すぐに現地アテンドスタッフにお渡しください。
※加入保険プラン、保険会社・加入保険プランによりお見舞い金や入院補助金が適用される可能性があります。
※ご加入の保険会社に直接お問い合わせください。
国内での性別適合手術に必要な書類
選択する病院によって、必要な書類が異なります。
国内での性別適合手術に必要な条件

選択する病院により条件が異なります。
ホルモン治療歴や過去のオペ経験、検査等も病院によっては必要な場合もございます。
※未成年者は親権者の同意書が必須です。

「手術=幸せ」ではございません。
人生がより豊かになるための選択肢としてご決断お願いします。
また、安全を第一優先し医師の判断で手術ができない可能性がございます。予めご了承ください。
より安全に、安心して手術を終えられるよう
スタッフ一同サポートをさせて頂きます。