Vol.3 Record book【求人募集中】

株式会社G-pitがLGBTフレンドリー企業の求人情報をご紹介する「LGBTフレンドリー企業訪問記!」
第3回となる今回は、デイサービスを店舗展開する『レコードブック』さんです。

所長 箕輪さんと指導員 島田さん(トランスジェンダー)とのカミングアウト時の会話や、長期休暇についてなど多岐に渡るお話を伺ってきました。

Record book 求人情報
現在「生田店」で働くスタッフを募集中です!
募集職種:運動トレーナー、生活相談員
雇用形態:正社員
対象となる方:35歳までの方(長期キャリア形成のため)
給与:月給 ¥230,000~
勤務時間:8:00~17:30
休日、休暇:土日・年末年始(12/30~1/3)
勤務地:レコードブック読売ランド前、レコードブック生田のいずれか
求人詳細はこちら

仕事にLGBT、セクシュアリティは関係ない

inoue
井上

箕輪さん、入社時に島田さん(F T M)からカミングアウトをされた際のお話をお聞かせください。

minowa
箕輪

実は、面接の時は知らなかったんです。男性として応募があり、採用しました。その後、契約のタイミングでカミングアウトされました。

shimada
島田

後出しジャンケンでしたね(笑)。

minowa
箕輪

後出しだったね(笑)。

inoue
井上

島田さんからカミングアウトを受けた時、箕輪さんはどういった心境になりましたか?

minowa
箕輪

正直、今まで知らなかったことなので最初はビックリしましたね。でも、それは嫌なビックリではなくて、どう言うことだろう?って言うハテナのビックリでした。

inoue
井上

その時、実際にどういった会話があったんですか?

minowa
箕輪

初めての経験で、わからない事だったので、直接本人に聞きました。
「それによって仕事に何か問題があるの?」と。

shimada
島田

「それは、言う必要があることなの?」とも聞かれましたね(笑)。

inoue
井上

なるほど〜。島田さんはどう返答しましたか?

shimada
島田

「戸籍上の性別が女性なので、保険証などの性別欄は女性です。」と、伝えました。
それと、お金を貯めてタイで手術を受け、性別変更を希望していること、その手術のために長期休暇が必要なことも伝えました。

inoue
井上

それに対する箕輪さんのお答えは?

minowa
箕輪

応援する気持ちで許可しました。
私の感覚としては、トランスジェンダーの手術のための長期休暇を許可したと言うよりも、大切なスタッフに大切な諸事情があり、長期休暇を必要としている。それに応えてあげようという思いから、長期休暇の調整をしました。
そもそも、うちの会社は土日が完全定休で、働いてくれるスタッフにしっかり休みを取って欲しい。というスタンスで運営をしているので、迷いとかは全くありませんでしたね。

当たり前にいる存在として

inoue
井上

実際に島田さんの入社後はどう感じましたか?

minowa
箕輪

うーん…どう感じました…..。実は、特別に何かを感じたことはないんですよ。
もちろん、いちスタッフとして、仕事に関しては感じたり思うことはありますが、トランスジェンダーだからという部分では普段あまり考えないですね。

inoue
井上

そうなんですね。 今お話ししていても、とてもフラットに特別扱いせず接している感じが伝わってきます。

minowa
箕輪

入社当時からずっと変わらないことなんですけど。 特にトランスジェンダーを意識したことがなくて…特別扱いしたことがないんです。

inoue
井上

もちろん、個人差があるので全員が当てはまるわけではないですが、LGBTだからって、特別扱いして欲しいわけではないんですよね。
ごく当たり前に、LGBTも、そうじゃない人も、仕事をしたり、恋愛をしたり、生活をしていて、決して特別な存在ではないですよね。

性別適合手術のための長期休暇

inoue
井上

話は変わりますが、会社としてダイバーシティーの取り組み、LGBTに対する取り組みはされていますか?

minowa
箕輪

特にこれといった取り組みはしていないのですが、手術の長期休暇などについては、仕事を頑張ってくれればウェルカムですね!
あとは、改名の際に名前を変えること、名札や名刺の変更などはすぐに対応可能です。

inoue
井上

素晴らしいですね!取り組まれていると言って良い気がしいますが(笑)。

minowa
箕輪

特別な取り組みはしていない。というのも、私の感覚の問題だと思います。
トランスジェンダーだからこうしてあげようと言う感じではなく、いちスタッフとして、それが必要であればできるだけ要望に応えてあげたいと思っているだけなんですよね。

shimada
島田

長期休暇を申請した時も、事前に話していたのでとてもスムーズでした。
あと所長が個人的にすごく応援してくれていると感じていたので、嬉しかったです。

inoue
井上

実際に島田さんが手術に行く際はどう思いましたか?

minowa
箕輪

私はトランスジェンダーではないので、一生理解はしてあげられない。
それは、トランスジェンダーに限らず、人はそれぞれ理解することは不可能だって思っていて。だけど、受け入れることはできる。
その上で、応援しようという気持ちでしたね。シンプルに無事に帰ってこい!と。

inoue
井上

島田さんはどう思いましたか?

shimada
島田

正直、仕事での長期休暇は申し訳ないと言う気持ちもありました。 ですが、快く背中を押してくれて安心できました。
余裕を持って休みをもらっていたのですが、術後元気だったので、予定より早く職場復帰しました。
「あれ?もう帰ってきたの?」って言われましたね(笑)。

inoue
井上

手術をして性別変更した後、現在は何か変化がありましたか?

shimada
島田

戸籍上の性別が変わったのですが、仕事面では特に変化はありません。 名刺を変えたくらいですね。

minowa
箕輪

最初から変えれば?って言ってたんですよ。

inoue
井上

箕輪さんから名刺の名前変更の提案をしたんですか?

minowa
箕輪

そうです。でも変えなくていいって言うので。そうか。と。

shimada
島田

もう配っちゃっていたし、性別変更のタイミングでまとめて変えればいいかな?って思って(笑)。

仕事で大切にしていること

inoue
井上

仕事で大切にしていることはありますか?

minowa
箕輪

仕事において一番大切なことって、仕事に対する姿勢とか、誠実さだと思っているんです。あとはチャレンジ精神があること。要は人柄とか内面の部分ですね。

inoue
井上

島田さんは何かありますか?

shimada
島田

やりがいを大切にしていて、それは自分で作るものだと思っています。
「レコードブックに来て良かった」そう言ってくださる利用者さんがいると本当にやりがいを感じますし、今後もそう言ってもらえるようにしてきたいと思っています。

inoue
井上

素敵なお話をありがとうございます!
一緒に働く視点で、どんな方に応募してもらいたいと思いますか?またこれからの展望があれば教えてください。

minowa
箕輪

私たちの仕事は「ヒューマンスキル」によって作られます。一番大切なのは、人柄です。そこに性別は関係ないと思っています。

今後の展望は、仕事にやりがいを感じてもらいながら、自分でチャレンジできる環境作りをしていきたいです。この度、生田店が新規オープンしました。 これからも、地域密着型の店舗展開は考えています。

inoue
井上

今後、店舗展開していく中で、同じ志を持つ仲間が増えていくといいですね!
ちなみに、今の社内はどんな雰囲気ですか?

minowa
箕輪

気軽に飲みに行ったりもしますね。あまり堅苦しい感じではないかなと思います。
相談をしてもらいやすい雰囲気なんで、色々相談してきてくれたら嬉しいですね。

shimada
島田

連携が取れないと仕事ができないので、コミュニケーションを大切にしています。
それもあって、仲良しです(笑)!!

inoue
井上

仲良しいただきました(笑)!素敵なお話をありがとうございました。

「一緒に働いている仲間が困っている。それなら出来る限りどうにかしてあげたい。ただそれだけのことなんです。」
そう笑って話してくださった箕輪さん。島田さんも、カミングアウトの際、不思議と緊張はしなかったそうです。
性別ではなく、人としてコミュニケーションを取ることを大切にされている箕輪さんの人柄が、働きやすさを生み出しているんだと感じました。

レコードブックに興味をもった方は、ぜひ求人情報をご確認の上、お問い合わせください。たくさんの方からのご応募を、お待ちしております。