改名

日本での戸籍上の改名はどこでするの?

管轄の家庭裁判所で行います
申し立てに必要な書類を揃えて家庭裁判所へ提出します。
ご自身の管轄がどちらになるか、必要な書類の準備について等、G-pit net worksがサポートします。

必要なものは?

  • 申立書(家庭裁判所で記入もしくはインターネットからのダウンロード)
  • GID診断書
  • 戸籍謄本(※改製原戸籍は必要ないです)
  • 収入印紙(800円)
  • 郵便切手(場所により異なる)
  • 使用実績の証明になるもの(会社の名簿・公共料金の領収書・はがきなど)

※各都道府県や裁判官により異なる場合がありますので、お問い合わせ時にご確認ください。

改名までの流れ

  1. 必要書類を揃える
  2. 家庭裁判所に申立書を提出
  3. 家庭裁判所より審判日の通知
  4. 審判当日、裁判官との面談
  5. 家庭裁判所から戸籍変更の通知(早ければ1週間ほどで通知がきます)

改名後にも手続きがあります

戸籍上の性別変更後は、速やかに連絡・変更手続きを済ませましょう。

  • 各種金融機関(銀行など)
  • 各種クレジットカード会社
  • 保険会社
  • 国民年金
  • 運転免許
  • 電気会社・ガス会社・水道局 等