手術を受けるにあたって


タイでの性別適合手術に必要な書類
  • 英文の診断書
  • パスポート(有効期限が6ヶ月以上のもの)
タイでの性別適合手術に必要な条件
上段:年齢
下段:ホルモン治療歴
ヤンヒー病院 ガモン
コスメティック
ホスピタル
FTM 乳腺摘出手術
18歳以上
6ヶ月以上
18歳以上
不要
FTM 子宮卵巣摘出手術 20歳以上
1年以上
20歳以上
不要
MTF 性別適合手術 20歳以上
1年以上
20歳以上
不要
※未成年者は親権者の同意書が必須です。
注意点
  • ホルモン注射は、手術の前後2週間程度は打たないように調整してください(生理が来ても手術可能です)
  • お酒・タバコ・サプリメントは手術1ヶ月前からお控えください
  • 持病やアレルギー、常備薬がある方は、予約時に必ず事前申告をお願い致します。万が一タイ現地でわかった場合、手術が受けられない場合がございます。
  • 40歳以上の方は、出国前に必ず健康診断(採血、血圧測定を含む)をお受け下さい。
  • 高血圧の方は、数値によっては手術が受けられない場合がございます。事前のチェックをお願い致します。
  • あくまでもタイ現地の医師による判断で手術の可否が決定しますので、予めご了承ください。
国内での性別適合手術に必要な書類
選択する病院によって、必要な書類が異なります。
国内での性別適合手術に必要な条件

選択する病院により条件が異なります。
ホルモン治療歴や過去のオペ経験、検査等も病院によっては必要な場合もございます。
※未成年者は親権者の同意書が必須です。